Everyone has a voice inside their hearts. I'm writing like talking.

すぐに散らかるお部屋と絶交する方法

おかしいな、この間片づけたばかりなのにまた散らかってる。

とりあえず今日は疲れたし寝よう。というそこのあなた。

 

 

ちょーーーーっとまったああああああ

 

 

 

そのままじゃ、一生綺麗なお部屋を保つことは不可能!

 

 

 

うわあああ

どうしたら綺麗なお部屋をキープできるんじゃあああああああ

 

 

 

そんな叫びが聞こえてきそう。

今回はその方法について書くよ!

少しでも役に立ったら嬉しいよ!

 

 

 

 

 

どうやって綺麗なお部屋をキープするか?

 

 

①余分なものをすべて排除する

 

むやみに捨てろ、とは言いたくない。

まずは幸せに手放せるマインドをつくるところから。

 

 

はじめに、理想のお部屋を思い浮かべてみて。

人によって頭の中に浮かべた情景、お部屋の雰囲気はそれぞれだろう。

どの人の頭の中にも、個性のある素敵なお部屋が浮かんでいることと思う。

 

 

 

 

ここからが勝負!

『どうしたら理想のお部屋に近づけることができるか』を考える。

 

’’棚を新しく用意して、それにあわせてインテリアも買おう。

ベッドは移動してあそこに置いて、空いたところにサイドテーブルとランプを...’’

 

 

 

 

 

なんて考えた人はいるだろうか...

それは割と厳しいかも?!

 

 

 

 

ごめんなさい。

でもね、そうやってお金をかけていろいろ用意した所で、

お部屋がおしゃれになる可能性はほぼゼロらしい。残念なお知らせだにゃん...

 

 

 

 

 

 

理想のお部屋を作り上げるためにまず必要なのは、

お部屋から余分なものをすべて排除すること。

理想の系統に合わせていろいろ買い足すのは、ほんとのホントに最後の段階。

だからね、何も買わなくていいよ。無料だよ。

お金使ってお部屋散らかす代わりに、無料でおしゃれにすることができるのよ!!!!('ω')笑

 

 

 

 

余分なモノの判断基準としては、

1 同じものを複数持っている(マグカップ、傘、バッグ、コスメなど、、何個も持ちがち)  →最も気に入っているものだけにする

2 ここ1年間でつかっていない(洋服、靴、食器、、奥にしまってあるものを出してみよう)  →『着られるか』ではなく『着たいか』で選考

3 無料でもらえるもの全般(紙袋やノベルティ系、雑誌の付録)  →気に入って手に入れたものではないので排除

 

 

 

という感じで、持ち物お気に入り選考大会をする。

 

お気に入り選考を勝ち抜いたエリートグッズ諸君、今後も滞在することを認めよう。誠におめでとう。(大事にしよう)

 

残念ながらお気に入りとして選ばれなかった平凡グッズ諸君、君たちはもう、この部屋にいることはできない。ほかの地での活躍を願う。(メル〇リなどに出品しよう)

 

そして選考者の目にも止まらなかった者たちよ、精一杯役割を果たせたかは分からぬが、君たちは捨てられる運命だ。来世での活躍を願う。(ゴミ箱へ)

 

f:id:mnmysd:20181117054816j:plain

 

 

書きながら泣けてきた。

なんて残酷なんだ...。

 

でも、この過程を経ないことには、

自分の理想のお部屋はつくれないのだよ!!!多分!!!

 

 

 

 

 

 

選考大会を開催する際に重要なポイントは、時間をかけすぎないことだ。

モノと向き合っていると時折、ぽわぽわぽわーん、と思い出にふけりだしてしまうことがある。そうなるともう何も手放せなくなる。

 

 

 

 

手に取る⇒考える⇒使わない⇒手放す という4ステップではなく

 

 

テンション高めの音楽流しつつ、

 

手に取る⇒いいね!⇒取っておく!♪

手に取る⇒微妙かな⇒さようなら♪

 

の3ステップで選考大会を行うのが良いと思う。

 

おすすめはSuperflyの歌とかかしら。笑

 

 

 

 

 

手放す組に入ってしまった者たちはなるべく早く捨てるなり出品するなりしよう。

棚やソファなど大きなものは、引き取り業者に頼むのが一番早いし一気にすっきりする。

私は自転車やコートを友人に譲ったり、本を図書館に寄付したりもした。

捨てると環境にもよくないし、何よりも心が痛いし。

 

ただ、捨てる痛みを味わうことによって『モノを大事にしなきゃ』っていう意識も高まることは事実で、極論全捨てしてしまってもいいと思っている。それで意識が変わって、今後ゴミを出さない生活に変わるならのお話だが。

 

 

②残ったものをピッカピカに磨く

 

 

おめでたく残す組に入ったお気に入りエリートグッズたちは、お洗濯したり磨いたりしてぜーんぶピーッカピカにしよう。お気に入りが加速して、綺麗なお部屋にするモチベーションが保たれる。笑✨

 

ここでお掃除グッズを買い足す必要はない。またガラクタが増えるだけだ。

持っているもので何とかしてみよう。絶対いける。断言する。

 

モノ別のお手入れ方法についても、知識がついてきたら書いてみようと思ってる!

 

 

 

 

ここまで来たら、あなたのお部屋には輝いたお気に入り戦士たちのみが佇んでいるわけだ。

 

それぞれに居場所を指定してあげよう。

 

 

 

 

③お気に入りのものだけになったところで、片づける

 

A『大好きで毎日使うもの』

B『大好きだけど毎日は使わないもの』

に分けられると思う。

 

Bは全部、しまうこと。

(彼らはまだ知らないのだ、これが第二次お気に入り選考大会の序章であることを)

しまう時ももちろん丁寧にね。ここで適当にしまっちゃうんだったら、それはたぶんお気に入りじゃないんだと思う。やりなおし?泣(*‘∀‘)

 

いわゆる『見える収納』をしてよいのは、Aの者たちだけ。一軍中の一軍だ。

 

 

そうこうしているうちに、

『理想のお部屋』がはっきりしてくる。

ここに買い足してでも置きたいものはあるのか、じっくりと考えられる。

むしろせっかく手に入れたお気に入りだけの素敵なお部屋に、新しいものをいれたくないという気持ちになるかもしれない。これが断捨離の『断』の部分の本質だと思っている。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回紹介したやり方は、私が一人暮らしのお部屋、そして実家の断捨離をしたときに実践したものだ。モノが減ることで、片づけても片づけても散らかるってことはなくなる。今となっては、片づけなくてもすっきりした状態をキープできている。

 

もしお部屋散らかってるのに悩んでる人は、

今すぐSuperflyかけて行動開始することをお勧めする。