2018.4〜 英語留学、世界中でボランティアする1年間!

【旅の節約術】クレジットカード編(学生向け)

 

 

 

・海外旅行に行くんだけど、おすすめのカードはある?

 

・いろいろと調べてはみたものの、結局どのカードを選んだらいいの?

 

 

できる限り旅費を抑えたいという学生のみんなへ。

ライフカードおすすめだよ!!というお話。

 

最初に行っておきますが、回し者じゃないからね!!(笑)

 

 

 

 

 

f:id:mnmysd:20181117032511p:plain

 

 

 

 

 

 

学生ライフカードの特徴3つ

 

 

①海外ショッピング利用キャッシュバック

海外旅行先でのカード利用額5%分の現金が、あとから返金されるなんともありがたいシステム(*’▽’)

=海外でのお買い物全てが5%off になるのと同意!

 

☺リトルミナミのリアル体験記☺

恐ろしく物価の高い北欧にいた時の明細を公開!

(ボランティア代、お土産のため、現金50000円ほどを別で使いました…北欧舐めてた)

 

2018年10月利用分

                宿泊費 48477円  

                移動費 14146円   

                冬の準備 27069円 

                食費 6217円        

 

                合計95905円  (;'∀')

 

 

ライフカードのキャッシュバックサービスで、このうちの5%(4795円)は還元してもらえた。よかた。(冷や汗)

 

食費の分に充てたら、一か月の食べ物代1500円くらいで生きてたことになるぞ(*’▽’) オトクでしょ!!!

 

 

 

 

海外旅行保険

海外旅行中の事故や死亡・後遺障害などを最高2000万円まで補償してくれる。

大手の海外旅行保険に入ると、確かにサポートや対応に圧倒的信頼はおけるが、やはり料金が馬鹿にならない。ライフカードなら、ただカードを持っていくだけで保険が使えるので、ここにかかるお金はゼロ。入会費も無料なのにすごい!ただ、3か月間以上旅行する場合は注意が必要。有効期間は出発日から3ヶ月のようです。まあ、保険って命にもかかわる最重要項目でもあるから、ちゃんとよく調べてから決めてね。私は3ヶ月で一時帰国したので、その期間はライフカード海外旅行保険を頼りに生きてました!事前に良く調べると、何万単位で得できることもあるのだ( ;∀;)

 

☺リトルミナミのリアル体験記②☺

 フィリピンで食中毒になったリトルミナミ('Д')

①やばいなにこれいきなりバカおなか痛い無理助けて死んじゃうアーメン

②タクシーで病院へ連れて行ってもらう

③冷や汗かきながら保険窓口へ電話『ああああ、食中毒になってしまいいいいい、、、保険きくでしょうか、、、うううう、、、いでええ』

④『リトルミナミさんですね、大丈夫ですか!!』個人情報を口頭で確認後、キャッシュレスで入院。一瞬だった。簡単だった。

⑤後日現地の病院にて書類を書かされる。10分くらいで終了。

 

結果、食中毒によってかかった費用はすべてライフカード様が支払ってくれました。お財布は一度も出さなかった。大いに保険に救われた体験でした。

 

 

 

⓷年会費無料

これほど特典が充実しているのに、ライフカード無料で作れちゃうのです。もう意味わかんない。い、いいの?無料大好き人間として、大いなる感謝を伝えたい。

 

 

ブランドはVisa, Master card, JCBの3つから選べる。JCBで作ると、さらにお得になったりするみたい。だが私はJCBではないのでよくわからないごめんね。海外で使うならVisaかMasterを選んでおいた方が賢明。世界中どこでも使えるし、なんなら現地通貨のキャッシングもできたりしてホント便利よ!!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

海外旅行にクレジットカードは必需品。

どのカードを選ぶかによって、トータルの費用は大きく変わる。

節約したい学生のみんなには全力でライフカードを推すよ!('ω')