2018.4〜 英語留学、世界中でボランティアする1年間!

氷と炎の国から学ぶ

 

 

地球の最北端、アイスランドに来ています。

 

いつも通り飛行機を降り、空港を出る。

そして感じる異国のにおいみたいなもの。

 

曇り空と吹き付ける冷たい風...に、少し弱気になってしまったのは内緒。

 

 

 

f:id:mnmysd:20181111062648j:plain

(ものすごい迫力の自然!)

 

 

 

 

唯一の国際空港は首都レイキャビークから西に50㎞の場所にある。

空港と首都の間には、ただただ純粋な大自然だけが広がっている。

(移動中には瞬きせずに景色を眺めることを全力でお勧めします)

 

 

 

 

 

 

 

もちろん中心地は栄えているのだけれど、閉店時間が早かったり若者向けのショップが少なかったりと、圧倒的に落ち着いている。

 

 

国全体がしずかな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間ほど前から、レイキャビーク郊外(つまりここは山の中)で生活をしている。

これまた静か。

 

 

 

 

この場所では身をもって多くの学びを得た。

 

 

 

 

 

 

アイスランドで使われているエネルギーは

その100%が自然エネルギーであることを

ご存知だろうか。

 

 

 

 

特に個人的に印象的だったのは、

地熱の力。

 

いたるところに温泉が湧いているのが目新しく、面白い。

 

 

 

f:id:mnmysd:20181111062754j:plain

(湧き出てます。)

 

 

 

 

我らが日本もアイスランドと同様、島国である。

 

実は地熱の埋蔵量だけみると、日本の方がちょっとだけ勝ってるそう。

でも、その利用に関しては、アイスランドの方が圧倒的に進んでいる。

 

 

 

 

 

 

例えば、水道から出てくるお湯からは硫黄の香りがしたり(!)

ほぼすべての家庭内にある電気や暖房には、地熱が利用されていたり。

余談だが、外に雪が降っていても、室内はかなり温かい。

 

 

 

 

 

そのほかにも、グリーンハウスや温泉プール、融雪等

その活用方法は様々で、普通に生活しているアイスランド人は必ず何らかの形で地熱にお世話になっていることになる。いいね!

 

 

 

 

 

 

正直思ったよね。

日本もやればいいのにーって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、調査や開発にはそれなりの時間がかかるだろう。環境アセスメントなんかの措置も必要だろうし、大変だろう。

無力な学生目、簡単に言うなこの、って思われるのも無理はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災を皮切りに、原発なくしましょう、って動きは強くなった。

でも、原発なくなっちゃたらその分の埋め合わせどうするの、って意見があって

結果廃炉に至らない原発が全国に残っている。

(むしろ再稼働に向けて動いているところもあるみたいだね...)

 

 

 

福島原発からそれほど遠くないところに実家を持つ身としては、

『再稼働させないでええええ』と心で叫んどこうかなと。

 

 

 

 

 

原発なしでどうするの⇒多分だけど原発なしじゃ無理じゃない?とりあえず保留

 

ではなくて

 

原発なしでどうするの⇒環境に優しい代替エネルギーを生み出すために、自然エネルギーの開発への投資を大きく増やそう、なんとかして現状打破に向けて頑張ろう!

 

って意見が多くなったらなあ、

そして政府さん頑張ってくれたらなあ、

 

 

 

 

 

っていう、無知だけど素直な大学生のつぶやきです。(笑)

 

 

 

 

 

 

アイスランドでは、実際に地熱エネルギーの恩恵を受けたり、

農家のおじいさんにゴミについて怒られたり、手つかずの自然と対面したりと

常に環境について考えている。

 

 

 

 

 

教育課程では、地球環境に配慮した生活が大事だよ、と言われてきて

エコバックとかマイボトル使っていたはいいものの

それらの行動が結果としてどうなるのかは見えにくいし

本当にやってる意味あるんだろうか、と感じてしまうことが多かった。

 

 

 

自然の裸の姿を見て地球への愛おしさMAXになった今、

この地球を守りたい!って心から思えるのです。

 

 

自分にできることはかなり限られているけど、

この経験を話すことで家族や友人数人だけにでも共感してもらえるかもしれないし

できたら一緒に自然の美しさを楽しんで、エコな生活への関心を周りまで巻き込んで高めていけたらな、なんて。

 

 

押し付けてやらせるのは嫌だけど、少しでも多くの人が地球と真正面から向き合えたなら、原発なくそうの動きだったりも含め、社会的なエコ意識レベルも高まってくるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

偉そうに言ってる自分が恥ずかしいのですが、責任をもってエコ生活に徹しますので何卒です。

そしてもし少しでも気になったら、ちょっとずつ節電してみたりゴミを増やさないように意識してみたりしてはいかがでしょうか。少なくとも私は嬉しいです。

 

 

 

それでは、残りのアイスランド生活も楽しみます。