Everyone has a voice inside their hearts. I'm writing like talking.

「本当の自分」に出会えるのが、一人旅のいいところ。

 

 

私たちは大人になればなるほど、感情の波を抑えるようになる。

泣きたくても涙をこらえるのが当たり前になってしまうし、空気を読んで本当の気持ちを隠すなんてこともある。

 

 

そうやって毎日を過ごしていると、だんだん区別がつかなくなってくる。感じているのは、心からの気持ち?それとも、体裁としての気持ち?もはや「本当の気持ち」ってどうやって感じるんだっけ?って忘れかけちゃったり。

 

 

 

 私は旅に出て、今まで知らなかった本当の自分の気持ちを見つけることができたとともに、どんな人生を送りたいかもみえてきた。

 

今回の記事では、私が一人旅で素直な気持ちを取り戻した過程をまとめてみるよ。

 

 

 

 

将来の夢も、やりたいこともなかった

毎日同じことの繰り返しで、新しいことに挑戦する機会はバイトくらいしかなかった大学生活。それでもそれなりに楽しかったけど、やっぱり何か引っかかってた。心のどこかで、“このままゆるゆると生きてたらいつか絶対後悔する”そう感じていた。

突然だけど、私たちには、「生きがい」って大事なんだと思う。○○のために頑張る!ってまっすぐに取り組んでいる人の顔と、なんとなく生きているだけの人の顔、感じられるエネルギーは桁違い。一つでもいいから、人生かけてやりたいことや、そこまででなくとも自分の軸となる何かを見つけたかった。

f:id:mnmysd:20181207070740j:plain

 

 

 

 

一人で旅に出たら、感情が100倍豊かになった

旅中は、常に新しい人やものとの出会いに満ちている。毎日新しい発見があるのって、想像以上に刺激的で楽しい。感動の連続!!

 

旅って全てが自分の決断によるものだから、感情を抑える必要がない。他人の意見に沿って行動しているときは、やっぱり100%素直になることは難しい。例えば友達に「めーっちゃめちゃいいから絶対見て!!」と全力で勧められた映画を見て、それがあまり面白くなかったとする。そうすると、「あの子は面白いと言ってたよな...私の理解力が足りないのかも?」とか「なんて感想言えばいいかな?」とか、映画のことよりも人のことを考えだしてしまう。「面白くなかった」っていう本心はいつの間にか二の次に、、、。こういったことが原因で、どんどん自分を見失っちゃう。他人の立場に立って考えることももちろん重要だが、自分ありきでこそだ。

一人旅では、素直に笑って、泣いて、怒って、落ち込んで、喜んで...。言葉では表せないような感情もたくさん経験することになる。そして、それぞれの感情を強くストレートに感じることができる。

特に最近は、よく泣けるようになった。涙をこらえる前に溢れてきてしまうほど感情が高ぶることもある。涙腺が動くということは、自分の心と体が一致しているということだ。

また、自分の状態を素直に人に伝えることの重要性にも気づいた。例えば体調があまり良くないとき。今までであれば多少無理しても働いて、結局もっとひどくなってしまうのがオチ。その時は,他人に迷惑をかけたくないと思ってやっていたことだが…。

そういう時は「体調がよくないので、できる範囲のことだけやる」とあらかじめ伝えておくべき。それを受け入れてくれる相手であれば、双方にとって最善の方法を考えて行動してくれるだろう。助けられた分の恩は、あとから倍返しにするつもりで頑張ったらいい。(その前に体調管理をしっかりした方がいいけど。笑)

 

このように、よっぽどでない限り、感情を隠すことをしなくなった。(多少気を使うことも、もちろんあるけれど。笑)そうやって素直な気持ち全開で過ごしているうちに、自分にとってどんなことが幸せで、どんなことがつらくて、そしてどうやって生きていきたいかがだんだんわかるようになってきた。

 

今日もたくさん笑って、少しだけ泣いた。心が動かされればされるほど、豊かになっていくのを感じている。

 

f:id:mnmysd:20181207072433j:plain

 

 

 

新しい挑戦をして、知らなかった世界を知る

新しい世界に飛び込むと、まだまだ知らないことがこの世にはたくさんあるなーー、ってことを思い知らされる。

毎日同じルーティーンで大学生活を送っていたころは、新しいことにチャレンジするのにそれなりの勇気がいった(し、そもそも新しいことに目を向けることが少なかった)。

 旅中はそうはかない。もう二度と来ることがないかもしれない場所、二度と会えるかもわからない人、二度と食べられるかもわからない食べ物に溢れている中で、新しいことを遠慮する選択肢は必然と消える。笑

今まで挑戦してこなかったジャンルのことに手を出すのは、それなりに怖いことでもある。うまくできるかな、とか不安になったりもする。でもそれ以上の価値があることには間違いない。今まで持っていなかったスキルが身に付くのはもちろん、自分にとって何が得意で何が苦手か明確になるし、意外とこれ楽しい!っていうプラスの発見も多い。

 

個人的に今年は新しいことに多々チャレンジしているのだが、そのモットーは「とりあえずどんなことでもやってみる」。で、ボランティアを軸に色んな挑戦をしてきた。ミャンマーの幼稚園児たちには息できなくて死ぬかと思うほどもみくちゃにされ、“幼稚園で働くのは自分には無理だ”、と悟ったり、ドイツの乗馬場で早朝からお馬さんのお世話をして、“馬怖いと思ってたけどなんだ超可愛いじゃん、朝早くてもいいからここで一生働きたい!”と、今まで知りえなかった自分の意外な一面に気づいたりした(笑)

f:id:mnmysd:20181207072056j:plain

 自然大好き―!って叫びたい('ω')

 

 

こういった心の底からの素直な気づき(?)は、絶対に私の将来の方向性に影響を与えるだろうと確信している。

 

 

 

 まとめ:一人旅をすると、「本当の自分」に出会える

今まで無意識のうちにいろいろな気持ちを抑え込んでいたということに、一人旅をして初めて気づいた。

旅をすると、自分の素直な気持ちをめいっぱい感じて、表現することができる。何が幸せか、そして何が不幸せかもはっきりする。

そういった経験を通して、だんだん自分のビジョン?というか、どんな人生を歩みたいのかぼんやり見えてくるようになる。

 

これが一人旅のいいところじゃないだろうか。

 

 

f:id:mnmysd:20181207190336j:plain

 

 やたらと語ってしまったが、旅の魅力は、話題の場所を訪れたり、美しい写真を撮ることだけじゃないってことを伝えたかった。

 

以上、まとまりないけど超~素直な気持ちで書いてみた。読んでくれてありがとう。😍