2018.4〜 英語留学、世界中でボランティアする1年間!

お酒飲めない勢を代表して本音を書いた

 

「飲みいこ!」という嬉しいはずのお誘い。

しかし我々にとってその一言は、苦手なものランキング上位に位置する。

友達集まってお酒を飲みながらワイワイ。最高に楽しそうだけど。

 

12月に入り、既に数日が経過した。そう、お酒とは切っても切れない季節が、ついに今年も来てしまったのだ!!ある人にとっては吉報だが...。

 

この宴会シーズンにあやかって、お酒が苦手な私たちの悲痛な叫びを聞いてほしい。

 

私も飲めない!という仲間には共感してもらえたら嬉しいし、お酒が好きな人には「そうなんだ」って思ってもらえるだけでも嬉しい。今年は平和な飲み会が増えますように。

 

 

 

 

 

f:id:mnmysd:20181206070309p:plain

 

 

お酒飲めなくて困る場面

★大人数の飲み会

この季節になると、クリスマスパーティ、忘年会など、「みんなで楽しもう~カンパーイいぇ~い」っていう集まりが頻繁に行われる。はなから参加しないというのも一つの手だが、みんなに変に心配されるのも嫌だし、ただお酒が怖いというだけで断るのもなんか寂しいなあと思う。

人がたくさんいる飲み会では、「気の利く人」って絶対一人はいる。その人は、誰かのグラスが空になると即座に気づいてメニューを渡してあげるなど、お酒が飲める人にとっては非常にありがたい存在だ。きっとみんなのためを思って、結構なの気遣いをしてくれているのだと思う。ただ、お酒が飲めない我々は、「私のグラス見ないでーー中身の減り具合確認しなくて大丈夫だからーーーお願いみんなに聞こえるように「ビールかなんか頼む?」って質問するのだけはヤメテーーーーー」と全力で祈っているものだ。笑

 

★自分が主役の○○会

誕生日のサプライズ、など。超、超嬉しいはずのパーティ。

自分のために時間を割いてくれて、何かしてくれている人を目の前にして、「飲まなきゃ」と思わないことがあろうか、いや、ない。結局飲んじゃって倒れちゃったら余計に迷惑かけちゃうことはわかってるんだ。だから断りたいいんだけど、それも申し訳ない気持ちでいっぱいなんだ。そう、私たちにとって一番つらいのは「お酒の味を楽しめない」ことではない。「人の良心を傷つけてしまうこと」なのだよ!!!とりあえずありがとう!!!そしてごめんなさい!!!!!

 

★目上の方の親切心

これも上と似た感じの辛さ。先輩として、後輩を楽しませてあげるために飲みに連れて行ってあげる人も多いだろう。そういう心遣いのできる優しい先輩、心からステキだなあと思う。でもお酒となると、、、。きっと先輩たちは「リラックスして楽しくお話する」ってことを考えてくれていると思うのだけど、そして我々も本当はその通りにありたいのだけれど、、、しぶしぶ断るしかない。でもそうするとだいたいご飯連れて行ってくれるよね。その優しさに、さらに心が傷む。。。先輩に限らず、海外で出会っておもてなししてくれる人、大学の教授、バイト先の人、あれ、もはや誰にでも当てはまる?とにかくその優しさに対して応えられない無力さを心底感じる。

 

★「飲み会=飲ませる会」と思っている人は敵

我々には敵がいる。9割の人は「お酒苦手なんです、ごめんなさい(´;ω;`)」というと理解してくれるものだが、稀にモンスターがいるのだ。何を言っても永遠に勧めてくる。どうにかこうにか飲ませようとしてくるのだ。はっきり言ってスーパー面倒だ!やめて!笑

さらに、助けてくれようとする優しい心の持ち主もいたりする。困っている私を見かねて、その分のお酒を飲んでくれるのだ。いやああ私のせいでめっちゃ飲んでるうううごめんなさああああいということがあったりする。放っておいてくれて構わないとも思うのだが、それではきっと場の空気が悪くなってしまうのだろう。飲めないってこんなに罪なのね...。

 

 

 

 

 

 

如何にしてこの危機を乗り越えるか

 

★飲みいこうと誘われたら

・仲良しの子に誘われた場合

⇒予めお酒飲めないってことを伝えておく。どうしてもーってとき自宅近くでちょびーーーっとだけor自宅でちょびっとだけという条件で許可してる('ω')

倒れても何とかなるような状況=自宅🏠=仲いい子限定。

 

・知り合ったばかりor目上の人に誘われた場合

⇒割と全力で謝り飲めないことを伝えつつ、飲まなくても本音話せますよアピール、ノンアルで酔えますよアピールをする。

 

・よくわからない人に誘われた場合

⇒飲めないことを理由に断れる✌これは唯一のメリットかも。

 

 

 

 

★飲み会中に勧められたら

・「ありがとうございます、でも今でちょうどよく楽しいのでやめておきます」

断りつつも、楽しんでるってことを伝えるのは大事かなって思う。

  

・ノンアル・ソフトドリンク・お冷を注文する

「何飲みたい?」ってお酒頼む前提でメニューを渡されることもあると思うけど、気にせずに飲みたいものを頼んでみる。相手は割と気にしてなかったりするので。

 

・「大丈夫!!」と笑顔で元気に感じよく言う

勢いでいける。ポイントは嫌味っぽくならないようにすること。とにかくその場を全力で楽しんでれば、相手もそこまで気を使わない。

 

・グラス空いた人にメニューを渡すポジションに行く

これおすすめ!周りの人は「あの人は自分で頼むだろう」と自然と思ってくれるので、変に気を遣われることを避けられる。大変そうに見えて一番楽かも。みんなのこと見ながらメニュー渡していくだけだからね。自分と同じようにお酒が苦手な人がいたら、その人のことも思いやろうね。

 

 

 

f:id:mnmysd:20181206070626j:plain

先輩がビールを頼むのを横目に、堂々とオレンジレモネード(ソフトドリンク)を頼んだよ★

 

 

 

 

 

本当はお酒飲みたい!

中には全く飲みたいと思わない人もいるのであろうが、個人的には、そりゃ飲めるものなら飲みたい!笑

友達や家族と一緒に、楽しみたいのだ。同じ釜の飯を食べるように、同じお酒を飲みながら語り合ってみたいのだ。

 

だから、お酒が飲めないからと言って「ノリの悪い奴」と捉えられると、ガラスのハートは粉々に割れる。ノリたいけどやめとくっていうもどかしさ。この気持ちわかってくれたら、割れたガラスのハートも半分くらい治る。

 

 

 

まとめ

お酒飲めない人は「お誘いを断る」っていう作業にすっごいストレスを感じる。相手の気持ちを踏みにじってる気がしてしまうのだ。みんなと一緒に過ごしたり、語り合ったりするのは大好きなものだから、余計に苦しい。

お酒苦手な自分がたまに嫌になるけど、それでも工夫次第で飲み会を楽しめる可能性はある。周りも自分も楽しむためにどうしたらいいか、イメージしておくとよいかもしれない。

 

年末忘年会シーズン、平和で楽しい飲み会ライフを!!