2018.4〜 英語留学、世界中でボランティアする1年間!

美意識向上のお知らせ

当分の間、美容に全く気を使わない生活をしていた。

 

 

本当にしたいことができて、それにまっすぐ向き合って

力を抜く時間と言ったら寝る時間くらいで。

 

 

 

 

先日、本当にふとしたきっかけでバンコクのネイルサロンに行く機会があった。

日本でも未経験だったけど、なんとジェルネイルをしてもらえることに!(*‘∀‘)

ここで、消えかけていた女子の気持ちがぶわあああーっと蘇った。

 綺麗になれるっていい。(笑)

 

 

 

 

 

 

ボランティアをしていたり

貧しい生活をしているコミュニティの中に入ったりすると

オシャレなんていらないな

笑顔こそが美しい!って心の底からで思える。

これも普通に大学生してたら知らなかった世界。

 

 

 

 

 

 

その一方で、女子力の高い子とか、シャキッとお洋服を格好良く着こなしている人たちを見ると、自分もそうなりたい、と思ってしまう。。。

 

 

 

視野は広がったけれど、変われない部分もある。

 

 

 

 

 

 

どうしたって、私たちが育つうえで身を置いてきた環境は大きな影響力を持っているのだろう。

笑顔だけあれば美しいってこともあるし、着飾ることも必要って考えられることだってそりゃあある。

 

ハイブランド服に身を包んでキラッキラな人だって魅力的だ。でも、そうじゃなくても素敵な人をたくさん知ってる。

 

よく子育てに追われるママがどんどん素朴になっていく姿を恥じたりするけど、

子供がいても自己投資ばかりしてしまう人よりも、彼らと全力で向き合うママの方が不思議と輝いて見えたりする。

 

 

 

 

 

 

育ってきた価値観とは全く違う価値観の世界に入ってみたり

また元の生活を取り戻してみたり

大富豪ですって人とお茶してみたり

 

こうしていろんな環境に身を置くことは、

「どういう自分でありたいか」を考えるのに非常に役立っている。

 

それが明確になったら、自分の好きな、居心地いいなって場所に身を置こう、って。

 

 

 

 

 

とにかく今は、下がり切った女子力を回復して、自信もって笑える姿に戻らないとね。(笑)

 

 

f:id:mnmysd:20181109042451j:plain

おしゃれなジムトンプソンの家